メイクの仕方を見直してみませんか?メイクのやり方であなたは変わる!!TOP > スキンケア編 > スキンケア編

スキンケア編について

text2 1mannninn

スキンケア編

“ 乳液 ・クリーム ・ パック ”
《乳液・クリーム
水分と油分を混合させてつくったものが乳液です☆

含まれる油分の量によっても様々な種類があり、使用感もそれぞれに異なります
乳液は、化粧水でたっぷり水分補給した肌に、補給した水分の蒸発を防ぐために使います
美容液を使用する場合は、乳液の前に使い、美容液の栄養を逃がさないように閉じ込めます
乳液の油分が、できるだけ少ないものを選びます

ベタついたり、ヌルヌルしたりするのは油分が多すぎます

しかし、20代から30代前半の肌なら、時間が経てば自然に皮脂が分泌されて、乳液と同じ働きをしますので、乾燥が激しい人でなければ、美容液までのスキンケアだけで十分といえます

クリーム

乳液よりも、さらに油分を多くしたのがクリームです

お休み前のスキンケアは30歳を過ぎると、肌が乾燥しがちなので美容液のあとクリームで乾燥を防ぎます

乾燥肌の人は、こってりしたものを選んでしまいがちですが、肌には過剰な油分として残ってしまうことがあり、これがニキビや吹き出物の原因になってしまうこともあります

乾燥肌の人でも過剰にベタつく感触のものは避け、肌の状態を見て必要なところにだけ使用するようにしましょう
《パック 》
パックには大きく分けて、はがすタイプ(ピールオフタイプ)と、洗い流すタイプがあります


一般的に、はがすタイプは毛穴の汚れや古い角質などを取り除く効果があります
しかし、肌の弱い人には、刺激が強い場合があり、お勧めできません
また、化粧水や美容液をコットンなどに浸し、肌にのせてパックするのもいいでしょう


乾燥している時などは、特に効果を発揮します

肌のコンディションによって、保湿パック・ ホワイトニングパック ・ マッサージパックなど、またパックのタイプも、はがすタイプ・ 洗い流すタイプ ・ コットンパックなどを使い分けるといいでしょう

“ 肌のお手入れにつて ”

「何を使っているの? あなたのお肌ツルツルね。」などと聞いて同じ化粧品に跳びついてしまう人って割と多いですよね?

しかし、その人がツルツルのお肌になったからって、あなたの肌もそうなるとは限らないのです
乾燥肌と脂肪肌では同じ化粧品では良いわけありませんね

でも、きちんと自分の肌質を分かっている人は案外少ないと思います。。。??毎日、せっせとお肌のお手入れをしていても、メイクのノリが悪いとか、お肌のトラブルが絶えないという人は、自分の肌質に対して間違った思い込みがあるかも知れませんね


自分の肌質をきちんと知ることが大切です★

きちんと自分の肌を知り、必要なものだけを正しく使っていれば、失敗は避けれます

「血色はどうか」「ツヤはあるか」「顔にゆがみはあるか」など自分のお肌の状態を見る習慣をつければ、その日のコンディションが自然と見えてきます


『あなたの肌質はどのタイプ?』 まずはこの2つのタイプが基本です
??※乾燥肌(ドライスキン)・・・
皮脂分泌が少なく、かさつきがちな肌?
※脂肪肌(オイリースキン)・・・
皮脂分泌が多く脂っぽい肌??自分の顔を指でさわってみてどうでしたか?

全部同じように乾燥肌、あるいは全部脂肪肌という人は、あまりいないはずです
多くの人はTゾーンの額から鼻にかけては、皮脂分泌が多く脂っぽい肌になっています
また目とか頬は皮脂分泌が少なく、かさつきがちな肌になっています

このようにほとんどの人はドライな部分とオイリーな部分が混在する混合肌なのです
それなのに同じ化粧品を顔全部に使ってはいませんか?

これではトラブルが起こっても仕方がありません
ですからゾーンをいくつかに分け、それぞれ部分をチェックします
・Tゾーン?・アイゾーン?・ほお?・口まわり?・あご??こうしてチェックすると、シワむくみ・ くすみ ・ 黒ずみ ・ ハリの状態がよく見えてくると思います

こうしたゾーンごとの状態を見極めて、それぞれに合ったお手入れをしましょう


“ 自分の肌質を知ろう ”

※日々のこまめなチェックで自分の肌質を知ろう!
※?肌の状態は朝、昼、夜と24時間でも変わります

また疲労・ ストレス ・睡眠不足でも皮脂の分泌や水分量は変わります☆??気候や季節の移りかわりも肌に影響がありますので、注意しましょう

一般的に夏は皮脂や汗に量が増えて、肌は脂っぽくなります

※あなたの肌は本当に敏感肌?※?自分の肌質を聞かれた時、「ドライ」「オイリー」などのほかに、「敏感肌」と答える人も多いと思います

「化粧カブレを起こしやすい」「吹き出物が出やすい」など。

トラブルが起きやすいことが理由になっているようです
でも、本当に敏感肌の人は実はそれほど多くないのです

敏感肌とは、アレルギー反応を起こしやすい肌のことをいい、香料や色素などのアレルギー成分が含まれる化粧品を使用すると肌が赤くなったり、かゆみや湿疹などの症状がでます
肌トラブルの原因は、化粧品そのもののせいではなく、使用方法に問題があるケースも多いようです

例えば、オイリー肌なのに敏感肌用の洗顔料を使っている人は、過剰な皮脂を十分に洗い落とすことができずにニキビの原因になることもあります

また汚れた化粧スポンジやパフを使用していることもトラブルの原因になります。











あなたのメイクを見直してみませんか?

制作者様の詳しい紹介ページです
(お申込みページではありません)
よく読んでご検討ください


プロのメイクを1週間で修得!AiLOGIC MAKEUP




ベースメイク チーク&口紅 眉毛&カット パーティ イヴェント メイク スキンケア1〜3 e-bookとは?



■お腹 背中の落とし難い贅肉を落として ウェスト スッキリ!!
■脚 ふくらはぎ 太もも お尻下半身の部分痩せでスッキリ痩せる!!
■片思いの彼に あなたの想いを伝えるために。男性の気持ちを暴露!
■胸を大きくしたいと悩むあなたに 『簡単レシピ』・・バストアップ効果!
■ダイエットでリバウンドしてしまった方 方法が間違っていませんか?
■メイクの仕方を見直してみませんか?メイクのやり方であなたは変わる!!
■簡単アイメイクで二重まぶた完成! 小顔で勝負!!
■産後の骨盤の歪みや体系を元に戻すための簡単な産後体操や頑張らなくていい方法!!
■むくみを解消して 気になるセルライトをマッサージで効果的に解消 除去!!


■視力回復トレーニングで 視力 1.5を目指す
■腰が痛い 腰痛 ヘルニア ぎっくり腰 解消のための予防と治療!!
■五十肩の痛みをたった5回で取り除ける!!
■あごが痛い 噛み合わせが悪い 顎関節症の原因 症状 治療の方法

早く楽器を上達させたいなら




GUITAR
■Play the guitar ギター初心者から中級者のための上達法
■ギター初心者が楽しく上達するための簡単な方法
■ギター初心者が最短で上達する方法
■ギター初心者の大人だから出来るギター上達法

スキンケア編記事一覧

スキンケア編

スキンケア編“ 乳液 ・クリーム ・ パック ”《乳液・クリーム 水分と油分を混合させてつくったものが乳液です☆含まれる油分の量によっても様々な種類があり、...

スキンケア編 2

スキンケア編 2“ 間違ったスキンケアが肌の老化を早める ”※間違ったスキンケアが肌の老化を早める※肌の老化は、実は思っているよりもずっと早くから始まっています...

スキンケア編 3

スキンケア編 3“ アイジエイジング 肌の老化の原因 ”《肌の老化の原因 紫外線を防ぐ》?紫外線が、日焼けを起こすことは昔からよく知られていますが、紫外線は...